スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの副作用

最初から、断っておきますが、私が、このようなブログを書いているのは、自分があたかも極めて優れているかのような錯覚に陥って他者を批判しているわけではもちろんありません。

 私は、良くならない方にはあらゆる知恵を絞って最適な解決を模索はしてきましたが、正直に申しまして過去には明らかな初歩的はミスも重ね、現在でも残念ながら初診から診ているにもかかわらず、社会復帰もできない方が、数名はおられます。本当に、心痛む思いです。

 私がこのようなブログを書いているのは、世の中の精神科医があまりにも安易に流れすぎていると思えるので、強い懸念を感じているからです。

 読者の方は、私がこのブログを当然、読者のために書いていると思っていられるでしょう?

 しかし、私は少しひねくれたところがあって、むしろ他の精神科医のために書いているのです。私のブログは多少は読まれているようなので、自分の治療に疑問を感じられた方の中には、主治医にこのような意見がありますよという方もいるかと思うのです。

 たいていの精神科医は、実はあまり賢明でもない(過去に何度も私は、「主治医より患者さんの方が賢い」といっています)のに精神医学にあいまいなところが多いこともあって、自分の診断、治療こそが正しいと信じきっています。たぶんそういう方は、権威のない一介の町医者の書いたものだと気にもとめないでしょうが、中には、ごく少数とは思いますが私の意見を参考にしてくれる方もいるのではないかと考えているのです。

 話が、かなり横道にそれました。

 実は、私はこのブログを書くことの副作用を実感するようになりました。

 このようなブログのためか、私のところには近畿全域はもとより、それより遠方の方からもこられるようになったのです。中には、そのような方でも、定期的に通院してくださる方もいますが、たいては少しめどがたつと地元に帰っていかれます。

 最初は、それもよしかとしていましたが、思わぬ盲点があったのです。

 たいての方は、私には何も言われず去っていかれます。そんなものだと思っていましたが、中には少数ながら近くの精神科に行きたいので紹介状を書いてくれといわれます。そんな場合でも、ほとんどは返事がないか返事があってもごく儀礼的あいさつ程度のことを書いてあるのが普通です。

 ところがごく少数、ご自身の診察の所見や処方内容まで書いてくださる方がいたのです。その内容が、私の治療とは全く異なっていてまったくの彼流なのです。

 その方に悪気はないとは思いますが、問題は私の治療で多少なりともよくなったことを少しも参考にしていただけてないことです。ああ、これでこの患者さんの人生も終わったな、多少大げさかもしれませんが、そんな気分にさせられました。

 患者さんの住まいの近くに転院されても、たいていはこういうことになるのかと分かったのです。もちろん、私の治療が最適でない場合も多いでしょうから、むしろよくなる方もおられるでしょうが。

 それでも、このような私の診療態度は大いに問題ありかと思い知らされました。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 友人の女性が軽い躁うつ病

> 意見を頂きたくコメントさせていただきました。
>
> 体の関係を持った女性がもしかしたら軽い躁うつ病なのかなと思ってしまいます。
>
> 女性曰く、ついこの間、心療治療に行ったそうなのですが、診ていただいた先生から強く言われたらしく、更に心に傷をおってしまい、「もう第三者には話したくない。自分が傷付くだけ」と言い切ってしまい、「もう死にたいとか死んでもいい」や僕に対しても「あなたを許さないから」とか「私も死ぬからあなたも死んで」などと言ってくるのです。
>
> 女性は1年前に僕との間に出来た子供の中絶手術をしています。
>
> 何か気分がおちるたびに責め立ててきます。
> 彼女に恐怖さえ覚えてしまっています。
> まずどう解決するために何をしていいのかがわかりません。
> まず、こういった症状は、軽い躁うつ病の可能性もあるのでしょうか?

軽い躁うつ病でしょう。
そのことを、十分理解できる精神科医に治療してもらうことをお勧めします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ADHD男のうつ治療について

> 初めまして。
> 先生のブログは約半年前から拝見させて頂いており、自分の症状について色々参考にさせていただいています。
> お忙しい所申しわけありませんがご意見を頂きたくてコメントさせて頂きます。
>
> 私は現在うつ病の治療中で薬を飲み始めてから半年と少し経ちました。
> 元々は家族の事で悩んでいて色々調べるうちに自分が発達障害かもしれないと思い、県の機関に相談して検査したところADHDという事が分かりました。
> (参考までに知覚統合>作動記憶>言語理解>処理速度の順で、知覚統合と処理速度は40以上の差があり、言語理解が基準数値で知覚統合は上の2%範囲の数値です。ちなみに兄弟を連れて行ったところ多分ADHDとLDで、母もADHDの可能性が高いようでした。)
>
> 前置きが長くなってしまいましたが、私は今年になってから治療を初めて最初ADHD傾向もあることから集中力も増す作用のあるというサインバルタのみ20mg朝一錠から始まり、仕事に行くことがすごく憂鬱でたまに動機が起きていたのが突然胸のつかえが取れたように大丈夫になりました。
> 1か月後くらいに不安が増したりまた動機が出てきたので30mgに増え、2か月後に40mgとなりました
> その後また不安が強くなったときワイパックスを1日3回飲みましたがあまりかわらず2週間でやめ、また少し経ってからドグマチールを朝夕飲みましたがこれもあまり変わらず2週間でやめ、結局サインバルタ40mgのみで最近まで来ました。
>
> 4か月近くたったころ、こちらのブログで見たような気分の浮き沈みがあるような気がして軽度な躁うつ病ではないかと先生に相談しましたが、多少浮き沈みはあるという事で何も治療は変わりませんでした。
> 浮き沈みは突然何かやらなければいけないような気がしてすごく集中して夜中まで作業したりパソコンで調べたりします。
> 数日すると電池が切れたようにどっと疲れが出て数日やる気が起きません。
> あと買い物の衝動が抑えられなくてここ数カ月で数百万使ってしまいました。しかも借金も増えました。
>
> それから何回か相談して1か月前にやっと薬が追加になりストラテラ20mgが1日1回追加になり、先日から増量で40mgになって、サインバルタを20mgに減らしました。
>
> でも今は薬を飲み始めた頃のようなあの胸のつかえが取れて何にも不安がないような感じには程遠く仕事も趣味のスポーツも億劫になり先月末から休職しております。
> もともと考えすぎで苦労性なものですから休んでいてもどうしようと悩んでばかりです。
> それでも今までできなかった身の回りの片づけをすることによって少しは気持ちが晴れてきたような気はします。
>
>
> ここまでとても長くなってしまい申し訳ありませんが、お時間のある時に少しで結構ですのでご意見いただければ幸いです。

間違いなく、躁うつの合併でしょう。躁うつで、抗うつ剤でよくなったように見えたのは、一時的に軽躁的になっただけで、よくあることです。持続的、安定的に改善していなければ、薬がきいたとはいえなのです。
休職すれば、少しは良くなったように感じるのは当たり前です。このような経過で休職になるような治療は、僕から言わせれば素人の治療です。残念ながらあなたの主治医は、精神科医としては失格です。サインバルタの使い方ひとつを見ても何もわかっていないように見えます。
ちなみに、私の治療歴でADHDでうつ病の合併は、ほんの数例でした。

No title

早々にコメント頂きどうもありがとうございました。

ひとつ言い忘れてしまっていたのですが、うつの発覚はADHDの検査時に抑うつ状態であるという診断が出されたものなんですが、一昨年から仕事の上司と反りが合わずパワハラもあって、昨年夏ごろ大きな衝突があってそれ以降たまに休むようになったのが始まりだったと思います。

年始から治療を始めて、職場も4月から変わったのに状況が一向に変わらず5月位から自分は躁鬱ではないかと考えていましたが、やはりその可能性が高いようで心のもやもやが少し晴れました。
次回通院する際には今の薬ではなく躁鬱だと思うのでそれに合う薬に変えてくれとはっきりと主治医に言いたいと思います。

ただ今までも色々自分の状況を細かく説明しても反応が薄くかなりしつこく言ってやっと薬が変わったくらいなのと、先生のご指摘を聞くとまともな処方をしてくれるのか心配でなりません。

長々と書いてしまいましたが、この度は本当にありがとうございました。
転院も含めてこれからも治療を頑張ってまた元の生活に戻れるよう頑張りたいと思います。

うつ病で、ずーっと治療している主人がいます。
結婚する前から行ってる病院ですが薬が強くなる一方で本人もあまり余計な事を言わずに通っている状態ですが、最近やけに気分の波が激しくどうしたら良いかと思ってます!
先生の診療内科が行けるなら行きたいです‼︎
プロフィール

中尾純治

Author:中尾純治
大阪府、高槻市の心療内科・精神科のなかおクリニックの院長です。暇な時間帯は、横になって音楽を聞いて過ごす(うたた寝?)のが日課になっています。患者さんに「先生はどのように過ごして、ストレスを管理していますか?」とよく質問されますが、これが私のストレス対処法です。詳しくは、このブログをみてください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。