スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック障害?

 この2週間はずっと調子がよかったが急に不安が強くなってパニック発作もおこる、今日は何もなかったように元気だが、またあのようになるかと思うと不安で仕方ないと訴えられる主婦の方が来られました。

 数年前からパニック発作は繰り返しおこっていて、ある精神科でもパニック障害と診断されパキシル(パニック障害の代表的な治療薬ですが)を投与されたが全然きかなかったとのことです。

 その方が、やや一方的にしゃべり続けられるので、パニック障害にしてはテンションが高すぎるのではないかと思いした。そこで、気分の波はないかと尋ねてみました。


 案の定、すごく落ち込んで不安になるときと、気分が爽快なときとが交互にやってくるとのことでした。


 それで、彼女は2型といわれる双極性障害(躁うつ病)で、テンションが上がったり下がったりし、テンションが低いときに不安が強くパニック様の発作を起こすということがわかりました。

 勿論、彼女にはこのことを説明し双極性障害の治療を開始しました。

 心療内科では、表面上はあたかも他の病気に見えていて、しかし本質は別のところにあるというはよくあることです。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中尾純治

Author:中尾純治
大阪府、高槻市の心療内科・精神科のなかおクリニックの院長です。暇な時間帯は、横になって音楽を聞いて過ごす(うたた寝?)のが日課になっています。患者さんに「先生はどのように過ごして、ストレスを管理していますか?」とよく質問されますが、これが私のストレス対処法です。詳しくは、このブログをみてください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。