スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADHDの正式な治療薬であるストラテラがついに成人にも解禁されました!!

 正直なところ、いままで成人のADHDの治療は、決め手を欠いていました。

 主として、弱いながら中枢神経刺激作用があるベタナミンを使っていました。ベタナミンでも十分に効く方も大勢いましたが、全体として作用が弱いというのが偽らない実感でした。

 ADHDにナルコレプシーという睡眠障害を合併している方も多いのでそのようなときは、リタリンを使用でき、ADHDとナルコレプシーの両方の治療をできたとういう、ある意味ラッキイなケースもよくあります。このような場合は、たいていADHDの治療もスムーズでした。なにしろ、コンサータはリタリンの徐放剤(12時間にわたり持続的に効果を保つ効果を持つ薬)にすぎないのですから。

 今までは、18歳未満のADHDにしか、ADHDの正規の治療薬であるストラテラ、コンサータは使えませんでした。

 今日(‎2012‎年‎8‎月‎24‎日)からは、ストラテラが使用できるのは、ADHDの治療する側からするとまさに、成人のADHDの治療の夜明けといえるでしょう。海外事情と比べると、遅きに失した感はありますが。

 一方のコンサータは、当院においてもまだ治験中(医薬品の薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験のこと) です。


 コンサータも一刻も早く、成人にも臨床適応になることを願っています。

 なにしろ、ADHDのために社会適応が悪く、自尊心が低く感情も不安定で悩んでおられる方は、ひじょうに多いのですから。

コメントの投稿

非公開コメント

ストラテラの副作用があり、飲めませんでした。
プロフィール

中尾純治

Author:中尾純治
大阪府、高槻市の心療内科・精神科のなかおクリニックの院長です。暇な時間帯は、横になって音楽を聞いて過ごす(うたた寝?)のが日課になっています。患者さんに「先生はどのように過ごして、ストレスを管理していますか?」とよく質問されますが、これが私のストレス対処法です。詳しくは、このブログをみてください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。