スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不眠と生活習慣病の関係

 日本人の5人に1人は、不眠に悩んでいるといわれます。

 この頃、生活習慣病という言葉はよく耳にすると思いますが、これは高血圧症、糖尿病、高脂血症などのことをいいます。これらの病気は、肥満とも密接な関係にあり、その意味でメタボリックシンドロームとほぼ同義語といえます。生活習慣病は、脳卒中や心筋梗塞を起こしやすく、生活習慣病で亡くなる方は日本人の3人に2人を占めるといわれています。

 生活習慣病と、睡眠が密接な関係があることが、近年注目されています。例えば、高血圧症や糖尿病の2人に1人が不眠症であるといわれています。

 また、高血圧症や糖尿病では、不眠を睡眠薬などを用いて改善すれば高血圧症や糖尿病も改善することがわかっています。


 睡眠に、不安がある人は一度専門医に相談していただくといいかと思います。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中尾純治

Author:中尾純治
大阪府、高槻市の心療内科・精神科のなかおクリニックの院長です。暇な時間帯は、横になって音楽を聞いて過ごす(うたた寝?)のが日課になっています。患者さんに「先生はどのように過ごして、ストレスを管理していますか?」とよく質問されますが、これが私のストレス対処法です。詳しくは、このブログをみてください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。