スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく何かしていないと、おちつかない女性

 以前から通院されている30歳代の女性です。

 余暇でも、仕事でも何かいていなとと落ち着かなくて、常に予定表を埋めているといいます。

 仕事も、日中と夜間と2つの仕事をかけもっていたりします。

 余暇のクラブ活動も2つのグループをかけ持っています。

 常に何かしていないとという気持ちに駆り立てられて、多忙すぎて自分で自分を追い込んでしまって疲弊してしまうというパターンを繰り返しています。(過去のは、かなり危険な状態にもなっていましたが、今は彼女なりに一応落ち着いているといえるでしょう)

 感情の起伏も激しくて疲れるといいます。

 この方は、ADHDの多動性・衝動性が目立つパターンの方かと思います。

 私は、診断名を告げることはせずに、とにかくおさえ気味にやってくださいと常にさとし、幾分かの精神安定剤を彼女の希望に添って投与して様子を見ています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中尾純治

Author:中尾純治
大阪府、高槻市の心療内科・精神科のなかおクリニックの院長です。暇な時間帯は、横になって音楽を聞いて過ごす(うたた寝?)のが日課になっています。患者さんに「先生はどのように過ごして、ストレスを管理していますか?」とよく質問されますが、これが私のストレス対処法です。詳しくは、このブログをみてください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。