スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕がうつ病を、すぐに直せる訳

私は、うつ病は一ケ月もあれば、治るものだと以前からいいきっています。

なかには、難治性うつ病の方もおられますが、わずか1%未満です。難治性うつ病といえども一定の改善はします。
 
 「大切な家族をうつ病で失わないために」あるいは、『○○の薬を使ったら、入院率・自殺率が明らかに減りました」といった類の講演会、フォーラムの主催を製薬会社のMRの方が持って来たりします。このようなことを言っている演者(精神科医)を見かけたら「僕は治療が全くダメです」と言っているのに等しいので近づかない方が安全です。いや近づくと極めて危険です!

 なぜなら、治療を受けていてうつ病で自殺や入院治療など、よほどの特殊な事情がないかぎり、およそ私にはイメージできないからです。だからそんなごく例外的ななことはテーマにはならないのです。そもそも、うつ病の治療はシンプルすぎてまったく話題にしなのが普通の感覚だと思います。

 うつ病は、すべからく素早く完全に直して(すっかり元の生活レベルに戻ること)、まともな精神科医の初歩的な条件の一つをクリアできていると私は考えます。「うつ病で治療を受けて10年にもなりますが、悪くなる一方です」といわれて遠方から受診される方もいますが論外の治療というしかないでしょう。

 前段が長くなりましたが、本題に移りましょう。

 「僕がうつ病を、すぐに直せる理由」、それは簡単なことです。僕がうつ病でないことをすぐに判断するからなのです。

 すなわち僕が、もしうつ病と判断して2週間、治療して一定の改善を見なければ、すぐにうつ病でないと考え直すからです。以下、簡単な例を示して説明しましょう。

 ある男性の方が、2,3か月まえから憂うつで仕事にも差し支えると言って来院されたとしましょう。もちろん仕事の内容やストレス状況を把握したのちに、気分は朝が一番憂うつで、夕方頃にましになることを確認して(うつ病でもこのような日内変動が目立たない場合もありますが、パターンが逆ならそれだけで決してうつ病でないと断言できるのです。)気分の起伏がないかも、確認します。うつ病なら気分の起伏はほとんどないはずです。

 このようなことを、精査したうえ一錠でも十分効くレクサプロのみを例によって処方して2週間後に来診してくださいと言います。もちろん、薬が自分に合っていないと感じたら電話で連絡して相談するように申し添えます。

 2週間後の来院後、話を聞きますと効果があいまいで、どうも私が期待していたようには改善していません。

 そこで、もう一度聞き直します。「2,3か月前に気分は、ゆっくり落ちたのかそれともストーンと急速に落ちたのか?」と。答えは「ストーンと落ちた」ということでした。それで、不覚にも自分が誤診したことに気づくのです。

 なぜなら、うつ病なら気分はゆっくり落ちていくはずで決して急速に落ちたりはしないのです。

 続けて。聞きます。「ストーンと気分が落ちたのならその前はどうだったのか?」と。答えは、「きわめて元気でバリバリ仕事していました。-------------」。どうも、気分が落ちる前は軽そう状態だったようです。診断は、双極性障害に訂正して、治療も当然変更します。当然、それ以前の様子もききますが、答えはよく覚えていませんとあいまいなままですが、診断は変えません。

 その後は、よくなったのは当然なので述べません。

 素早く、君子豹変するのが大切なのです。

10年も、うつ病と誤診したまま、患者さんの状態が悪くなる一方なのに、平然としている精神科医は結構多いのです。そのような医者の合言葉は「もう少し、様子を見てみましょう」です。くれぐれもご注意ください。大切な一生を台無しにしないために。

 私は。このような治療を平然としている精神科医自身の精神状態の方を常々、疑問視しており、一度ご自身がまともな精神科医(実は、稀)に診てもらったら方がいいのではとお勧めしたい気持ちでいっぱいです。

 いつもながらの、うたた寝しながらの辛口で閉めさせていただきます。
スポンサーサイト

「うつ病は1か月で改善する」は、本当か?

本当と、断言できます

逆に、まともなうつ病の治療をして、1か月で少しもよくならねばうつ病では決してありません。

同様に、一時的に良くなったように見えて、数か月ももたず、悪化するのも論外でこれもうつ病ではありません。
服薬を中断したら再発することはあっても、服薬中に悪化するようではまともなうつ病の「治療」とはとてもいえません。

私は、1錠でも効くレクサプロを好んで使用しています。増量の手間がはぶけるからです。

そして、患者さんにはこのように説明しています、

「きちんと服薬して、2週間後に来てください。その時点で、あなたは、およそ本来の70%ぐらいの水準には、回復しているでしょう。

 でも、最終的に100%回復しなければ(もとの生活水準に完全に戻ること)、うつ病の治療は失敗なのです。

そのようなるには、およそ、1~2か月はかかります(よくなってからも、最低でも半年の服薬は必要ですので誤解なさらないでください)。

1か月レクサプロ1錠飲んで100%の回復に至らないときば、多少の工夫が必要です
(参考:うつ病の治療では、残遺症状をなくする治療上の工夫が大切です。")

ですから、2週間たって私の予想するように回復していなければ、私は直ちにうつ病という診断を見直すことを常としているのです

注意すべきは、治療開始と同時に休職した場合です。休職して、ストレスが減ればよくなるのは、ごく当然だからです。

 ですからこのような時は、私は本当の意味で回復しているのか、慎重に判断します。

わたしは、うつ状態を訴えられ方は、実はうつ病よりいわゆる双極性障害スペクトラム(躁うつ病)のほうがはるかに多いと主張しています。

実感では、10倍以上、いや、もっと多いと思います。

1万人程度の方の治療をした私の実感です。

そのうちうつ病が多いという固定観念は、覆される時が来ると信じています。
詳しくは、私の他のブログを参照してください。

双極性障害スペクトラムのうつ状態でも、普通は、2週間、長くて1か月で一定の改善をみなければ、治療者としては失格と思います。少し厳しいと思われるかもしれませんが。

しかし、軽度でない双極性障害スペクトラムの十分な治療は、うつ病の治療と違い、かなり複雑で、3か月程度はかかります。
重症なら、なかなか思うように十分によくならないことも残念ながらあるのも事実です。

でも、声を大にしていいます。うつ病なら一か月でよくなると。

 また、一か月あれば、双極性障害スペクトラムのうつ状態でもかなりの程度には改善することも再度、付け加えてこの話題は、終わりにしたいと思います。

太らないうつ病の薬を処方してもらっていますか?

 うつ病は、一回でなおるケースもありますが、約半数が慢性化したり、再発を繰り返したりします

 でも、普通の社会生活ができない難治性うつ病は稀です。
うつ病になっても、適切な服薬さえいていれば、なおらない場合でも99%以上の人はごく普通の社会生活が可能です。

 ですから、うつ病の治療にあっては、うつ症状がよくなるか否かのレベルはあまり問題にはなりません。もちろん、うつ症状が完全にとれて元の生活水準に戻らなければ、十分に改善したとはいえませんが。

 うつ病の治療にあってはいかに副作用がなく、つまりビタミン剤のように気軽に抵抗なく、それが必要な期間は飲み続けられるような薬の選択こそが大切です。

 抗うつ薬副作用で、短期間に感じる不快な副作用は論外ですが、長期にわたって服用して初めてわかるような副作用については、案外知られていません。

 うつ病が、再発しやすく慢性化しやすい病気であることを考えれば、長期にわたって服用しても問題がない薬を使用することこそが大切なのです。うつ病という診断が正しければ、どの薬であっても十分量であればたいていはよくなりますから、効果の面からはさほどは優劣はつきません。

 ですから、抗うつ薬の効果の優劣を云々するよりは、むしろ副作用がでないことのようがより重要なのです。

 長期に服用して一番多い副作用とは、ずばり、肥満です。肥満は、さまざまな生活習慣病の原因になりますから、太る薬は避けねばなりません。

 古くからある薬、3環系抗うつ薬、つまりトフラニール、アナフラニールなどは論外です。太らなく、長期の服用に耐える薬とは、ずばり、ジェイゾロフト、レクサプロとサインバルタです。もちろん、各人の体質が違いますので、薬との相性を考えることは重要ですが。

うつ病の治療は、実は、案外簡単!


 うつ病ごくありふれた「心の病気」です。昨今、テレビなどでもうつ病の特集を組んでいるのをよく見かけます。
 それを見ていると、うつ病が大変な病気で、治療もいかにも難しいような印象を受けるかもしれません。

 しかし少し考えてみれば、薬物治療も進歩した今日、ありふれた病気であるうつ病ごとき(?)の治療が難しいはずがないことがわかると思います。

 うつ病には、他の病気との並存(例えば、発達障害)などの問題もありますが、うつ病の治療自体は、基本さえおさえていれば、ごく簡単だと実感しています。

 その「うつ病の治療の基本」とは、ストレスの軽減(休職やその他のストレスの軽減方法を通して十分に考える)薬物治療の両輪をバランスよく行うということに尽きます。
 
 これはまさにケースバイケースで診察時にどのようにするのか、主治医とよく相談することが大切です。つまり、医学的判断と本人の納得との折り合い点を見出していくという作業なのです。
 簡単な例をいえば、休職が必要な程度のうつ状態で本人もそれを受け入れるかどうかなどです。

 ただし、うつ病を寛解に導くには、ちょっとした工夫が必要なこともあります。(うつ病の治療での工夫について)。でも決して特殊なことでもありません!

 うつ病は、再発もよくあり慢性化しやすいのも事実ですが、そのような場合でも服薬を続けていれば、ごく普通の社会生活ぐらいは送れるはずなのです。

 以上は、真面目なうつ病の治療を受けた場合のことで、つ病を軽視してもいいという話では決してありません。
早期の治療を受けない、自分の判断で勝手に治療を中断してしまうなど、うつ病を侮ると大変なことにもなりかねないことも事実なのです。
 
 なにしろ、うつ病は「心の肺炎」とも言われてもいるのです。
 ですから、なによりも真面目に治療を受けてくださるようにお願いします。

 ほんの一部には難治性うつ病もありますが、決して多くはないのです。

 治療しても何か月、あるいは何年もよくならないうつ病とは、実は多くの場合双極性障害(躁うつ病)です。
 程度や症状が多様で幅が広いので、双極性障害スペクトラムという言葉を使ったほうが適切ではあります。

 うつが深刻でも、躁はほんの少し調子がいい程度で、このことに本人も医師も気づいていないだけで一見うつ病にみえて実は双極性障害(躁うつ病)というケースを、本当に嫌というほど私は経験してきました。
 他院から来られた方はもちろんのこと、残念ながら、私自身の患者様の場合も含めてこれが事実なのです。偉そうなことを言ってはいますが、多くの患者様を診させていただいた私のいつわざる経験談です。

 事実、適切な双極性障害(躁うつ病)の治療をすればたいていは、あっけないほどすっきりしてしまうのです!ただし、ことわっておきますがうつ病の治療とは違い、双極性障害の治療はたいてい少しは複雑ですが。かなり困難なこともままあります。

 繰り返しますが、真面目な治療を受けてもなおらないうつ病、つまり難治性うつ病とは、双極性障害(躁うつ病)であることがほとんどだと私は思います。

●参照

軽い躁うつ病(双極性障害)は、実に多い

うつ病の治療での工夫について

うつ病の治療では、残遺症状をなくする治療上の工夫が大切です

 うつ病の治療をうけて、症状は改善したものの十分な回復に至らず軽度のよくうつ症状が残り、「本来の自分に戻るにはあと一息」と感じられる場合が多いのです。

 この様なときに、残っているうつ症状を残遺症状をいいます。

 残遺症状に注目する理由としては、

 残遺症状を改善すれば生活の質が向上するということはもちろんですが、うつ病の再発率をも低下させることもできるのです。

 すなわち、残遺症状のない場合(完全寛解)では、残遺症状のある場合に比べて再発率が6倍も低いのです。

 うつ病の残遺症状として、よく見られるのは

 ・興味、関心、生き甲斐が以前の状態まで改善していない
 ・おっくうな感じがのこっている
 ・集中力の低下が見られる
 ・昼からはいいが、朝方はまだもう一つである
                     
                    などです。

残遺症状を、なくするためには


 ・抗うつ薬を十分量(過剰ではなく、必要かつ最小限)にひきあげる
 ・抗うつ薬以外に、少量の非定型向精神薬を用いる

などの治療上の工夫が必要です。

若くしてうつ病になってまで、働かないといけないか?

 介護職につき、社会人となって2ヶ月の男性。寮生活である。

 昼過ぎになっても、気持ちが重くておきられず、出勤できない日が続いている。休んでも不安で仕事のことばかり考えてしまう。からだは疲れているが寝付かれない----------明らかなうつ病である。


 職場環境について聞くと、

 毎日、12時間以上働いて休みもほとんど取れない。
 例えば、早番で午後3時までにあがれるはずなのに、午後9時まで働かされて、残業代もでない。------------

 一応、抗うつ薬は処方したが、
 「20歳前半の若さで、このような過酷な環境で働き続けて心身をぼろぼろにしてしまっては、一生を台無しにもしてしまう。治療以前の問題として、今後のことをくれぐれもよく考えるように。親ともよく相談するように!」と強く説得しました。

 しかし、残念ながら現在の日本社会でもこの様なケースは案外多いのです。

上司のパアーハラでうつになった時

 上司のパアーハラスメントでうつ病になり、受診される方も結構多いのです。


 この様なときは、明確な原因があるので反応性うつ病と考えられます。

 本人も、原因が明確なだけにそのために落ち込んでいるだけだと考え、うつ病という状態にまでなっていることを自覚することが少ないのではないかと思います。


 うつ病とは、明確なストレスが原因であっても、ストレスがないような状態で発症したとして(内因性うつ病)も、脳内ではセロトニン系に異常が生じた状態になっていることにかわりはありません。

 ですから、治療は当然必要です!

 症状も、ゆううつ感やおっくう感、あるいは集中力、意欲、決断力の低下などで内因性うつ病とかわりありません。

 もし出社がつらくなれば、ためらわず心療内科・精神科を受診して治療を受けましょう。

 初期は、薬物療法や、場合によっては休職が必要になります。

 症状が、治療によって十分に改善した時には、主治医、産業医、問題となっている上司の上の役職の方あるいは人事課の人などによく相談し、復帰後の環境を調整してください。

 このときに、主治医に例えば「うつ病破は改善したが、今後の症状の安定化のためには、ストレスの少ない環境に移動させる等の配慮が必要と考えられる。」というような診断書を書いてもらい提出するとよいでしょう。




うつ病は心の風邪か?

 少し前まで、うつ病は心の風邪とよく言われていました。風邪という意味には、ありふれた軽い病気という意味がこめられています。

 しかし、うつ病が風邪のようにありふれた病気であることはそうでしょうが、風邪のように治療が簡単な病気か?といわれればそうはいえないと思います。

 ごく軽いうつ病は、風邪のように少量の薬を短期間のんで頂けば、治ることが多いように思います。

 しかし、うつ病は再発したり、慢性化したりしやすい病気でもあります。

 中等度以上の重症度のうつ病(働いている人の場合、休養が必要な場合がそれにあてはまると思われます)では、そのようなことに特に気をつける必要があります。

 治療についても、十分量の薬が必要なのはいうまでもありませんが、一種類の抗うつ薬だけではなく、作用の増強効果を期待して2種類程度の抗うつ薬を用いたり、少量の非定型抗精神病薬を併用するといった治療に工夫が必要な場合がふつうです。



 

うつ病の経過について

患者さんに、「うつ病はいつ治るのですか?」という質問をよく受けます。

 しかし、うつ病の経過は、実に様々で、予想が難しい場合もありますが、私は判る範囲で予想してその質問にお答えすることにしています。


 職場の環境のストレスが強く(仕事量、人間関係などのストレスが強いなど)疲弊して、うつになられた場合を考えてみましょう。このとき、

そのうつが初回の発病か、あるいは繰り返している場合か?
 
うつの程度は、軽症か中等度か、あるいは重度か?

両親や兄弟に、うつ病の人がいないかどうか?

うつ病の発病年齢(若年発症の方が、うつを繰り返しやすいのです)

・うつ病以外に、例えば、アスペルガー障害、ADHDや社会不安障害などが併存していていなしか?

といったことが、まずうつ病の予後の予想の重要な要素となります。


 それから、薬物療法や必要なら休養治療にはいるわけですが、その後の経過がスムーズかどうかを見ていくことも予後の判定には重要です。


 また、その職場環境のストレス度を、例えば上司、人事、産業医との相談によって、あるいは診断書の提出などによって軽減してもらえるかということも重要です。

うつ病は、ありふれた病気ですが、半数以上が再発したり、慢性化するとも言われています。ですから、初回の治療はくれぐれも慎重に対処することが重要です


プロフィール

中尾純治

Author:中尾純治
大阪府、高槻市の心療内科・精神科のなかおクリニックの院長です。暇な時間帯は、横になって音楽を聞いて過ごす(うたた寝?)のが日課になっています。患者さんに「先生はどのように過ごして、ストレスを管理していますか?」とよく質問されますが、これが私のストレス対処法です。詳しくは、このブログをみてください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。