スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のリラクゼーション法

 私は、仕事柄、休職中にどのようにすごしたらいいのかとか、ストレスの解消法としてどのようなことをすればいいかなどといった質問をよく受けます。

 これに対しては、自分の好きなことをしてリラックスすればいいのだというようなお答えをしてます。

 でも人によっては、「では先生は実際どのようにしているのですか?」というようなことまで聞いてこられる方もおられます。

 そこで私自身のリラックスの方法をお教えしましょう。

 まず、寝転んでしまうか、あるいはリクライニングチェアとオットマンなどを用いて水平に近い姿勢をとります。それから、目を閉じ全身の力を抜いて、音楽を聞きます。

 音楽は、もちろん自分の好きなものがいいでしょうが、あまり起伏が激しすぎるものは向いていないと思います。それから、何度聞いても飽きがこないものがよいでしょう。

 僕は、この時に用いる曲以外にも演奏者にもこだわっていて、バッハのキイボード・パルテータ(グレン・グールドの演奏で)、フランス組曲(シフの演奏で)、平均律クラヴィア曲(グレン・グールドの演奏で)などを聞いています。もちろん普段はこれ以外の好きな音楽もよく聞きます。

 この状態で、演奏に全神経を集中していれば本当に深いリラクゼーションがえられます。これは、実は瞑想している状態に近いと言えます。気持ちよすぎて眠ってしまうことがあっても、それはよしとしましょう。

 だいたい、一日に30分ぐらいの時間が持てれば、理想的です。

 ストレス過多で悩んでいるあなたも、ぜひ一度ためしてください。
スポンサーサイト
プロフィール

中尾純治

Author:中尾純治
大阪府、高槻市の心療内科・精神科のなかおクリニックの院長です。暇な時間帯は、横になって音楽を聞いて過ごす(うたた寝?)のが日課になっています。患者さんに「先生はどのように過ごして、ストレスを管理していますか?」とよく質問されますが、これが私のストレス対処法です。詳しくは、このブログをみてください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。